クラウドフォン

2018年6月11日

「MOT/TEL(モッテル)」内容・料金解説

このサイトでは、インターネットを介して利用できる「クラウドフォン」サービスを提供する会社のサービス内容や利用料金などご紹介しています。

今回は、「MOT/TEL」。
ネットワーク・IT事業大手「㈱オフィス24」が提供するクラウドPBX型ビジネスフォンサービス。ちなみに、呼び名は「モッテル」です。

14,000社以上の導入実績を持つ、後程詳しくご紹介しますが、設備投資0円で利用できます。

ということで、「MOT/TEL(モッテル)」のサービス内容の概略と利用料金など簡単に解説いたします。

1.「MOT/TEL」のサービス内容紹介

MOT/TELは、同社の「MOT/PBX」の技術を採用し、小規模オフィスでも利用しやすいようにと、設備投資0円で利用が開始できます。

クラウドフォン会社「MOT/TEL」

利用にあたっては、ご利用になるスマートフォンやPCにソフトフォン専用のアプリをインストールすることで、従来のビジネスフォンと同じような、回線通話、保留・転送、代表組などの機能が外出先でも利用可能に。

「MOT/TEL」のサービス内容

MOT/TELを導入することで、以下の10のメリットが得られます。

➀業界最安値の利用料金
次項でご紹介しますが、月額利用料、初期費用とも他社クラウドPBXと比較すると最安値。さらに、通話料は国内3分8円。

➁電話番号はそのままでOK
現在利用している外線番号を変えることなく、そのまま継続して使えます。

そのため、新規で電話番号を取得する必要がなく、起業などで新規番号が必要なときも一括で申し込みが可能。

➂スマホから会社の電話番号で発信可能
スマホから電話するときでも、会社の番号03など各市外局番や050、フリーダイヤル0120、0800などでの発信が可能。

➃公私の使い分けが簡単に
1台のスマートフォン端末でBYOD(プライベートのスマホを業務で利用する)が可能。

業務利用と私用がハッキリ使い分けられるので、会社用携帯の支給が不要になり、内線追加も簡単に設定できます。

➄電話転送が無料!通話コストの削減に
「MOT/TEL」専用のスマホアプリを使うことで、外出先でも会社宛にかかってきた電話をスマホ側で受けられます。

そのため、電話転送サービスが不要となり、基本料金および転送料金などの通話コストの削減が可能に。

➅配線工事が不要
専用アプリを端末にインストールすれば利用が開始できるので、従来の配線工事が不要に。

オフィスのレイアウト変更や増設が容易になり、固定電話機の設置も必要なくなるので、デスクスペースを有効に活用できます。

➆既存のFAXや複合機も接続可能
インターネットFAXか既存FAXどちらを使うかによってプラン選択ができ、03、06など市外局番以外の0120フリーダイヤルでも利用できます。

➇IVR・CTIが標準搭載!電話業務の効率化を実現
設定した電話番号に着信すると自動で音声案内を流すIVR機能、および着信時に顧客情報を自動で表示するCTIを標準搭載。電話業務の効率化が実現できます。

ⓠ業務を効率化するツールも標準搭載!
FAX、ビジネスチャット、名刺管理、出退勤管理、スケジュール管理などが使えるクラウドが標準で搭載されているので、別々にインストールする手間が省けます。

➉海外でも使えて便利
海外でもWi-Fiが利用できる場所なら、国内、海外問わず内線通話が可能に。海外に通話しても無料で利用できるのです。
※ただし、通信環境の悪い地域では利用できない場合があります。

以上、10のメリットをご紹介しましたが、クラウドPBXを利用すれば業務の効率化や通信コストの削減に繋がることから、特にこれから電話システムを導入する方には最適なサービス内容になっています。

2.「MOT/TEL」の利用料金

MOT/TELは、従来のビジネスフォンと比べると圧倒的に低価格で利用可能。

「MOT/TEL」利用料金

料金プランは利用規模によって以下の3タイプから選択できます。

プラン チャンネル数/内線数 初期費用 月額料金
スタンダード 10ch/20内線 29,800円 3,980円
ミドル 10ch/50内線 39,800円 6,500円
プレミアム 11ch~/51~100内線 59,800円 9,800円

◆国内通話
国内通話料:8円/3分

◆オプション
通話録音:3,000円/月
〈外線通話の録音データをクラウド上(MOT/Cloud)に蓄積。
初期録音時間:約9,000時間(50GB)〉

IVR:1,000円/月
〈設定した番号へ着信があった際に自動で音声案内を流す機能〉

3.まとめ

クラウド型ビジネスフォンを提供する会社は増えている中で、「MOT/TEL」をご存知の方は多いのではないでしょうか。

特徴は、何といっても手軽に利用が開始でき、さらに通信コストの削減や業務効率化に繋がるサービス内容が充実している点です。

現在は働き方が多様化し、テレワークといった場所に捉われない働き方が増えつつある中で、MOT/TELを含めたクラウド型ビジネスフォンはさらに需要が増えていくでしょう。

高品質のクラウド型ビジネスホン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です